ヒゲメガブログ。

ベース大好きおじさんのベースなアレコレ、と雑記な日記。

江戸川放水路「マルヤ遊船」さんで子連れハゼ釣りに興じてきました、の巻。

はい。先日の休日、子連れでハゼ釣りをしてきたお話をひとつ。

  • 場所は江戸川放水路。ディズニーランドのほど近くです。
  • ハゼ釣りのシーズンは初夏~秋。6~9月がメイン。
  • 桟橋釣りとボート釣りが選べます。
  • 今はややオフシーズンなので大して釣れませんでしたが、、
  • 釣るの自体は子供でも簡単!楽しい!!
  • 超親切な貸し船屋さんのおかげで、子連れでもハゼ釣りを満喫!
  • 用具は一式貸してもらえるので手ぶらでOKです。
  • ハゼのから揚げは臭みナシでめちゃウマい!
  • 江戸川放水路でハゼを釣るなら「マルヤ遊船」!

というワケで、「江戸川放水路」。地図で見るとこんな感じ。

 電車だと地下鉄東西線「妙典駅」が最寄のようですね。駅からは徒歩で15分。都心から車でも電車でも一時間くらい。

 

まず、桟橋釣りボート釣りが選べます。用具類はお店で貸していただけるので特に用意するものはナシ。

一日いられて竿(もちろん糸やら重りやらもついている)とバケツを借りて、一人1000円ポッキリ。これは安い。

 

ちなみに事前に入れた情報から、エサだけホタテを持参しました。お店では定番のアオイソメが用意されているのですが、、これを扱う自信がなかったので(苦笑)。

また、あるといいなと思ったのは、折りたたみのイスクーラーボックスあたりかな。よく考えたらこんなのは釣りをするなら必需品ですよね(笑)。

 

さて、我々は初めてなので桟橋をチョイス。こんな感じ。

f:id:masakiwasada:20181106120231j:image

けっこう広々としてます。全体像を撮りそびれたので雰囲気が伝わりにくく残念ですが、、最盛期には100人近くでにぎわうそうです。

 

いざ始めてみると、やる気満々だった息子がさっそく一匹目を釣り上げ、これは幸先いいぞ~なんてほくそ笑みましたが、、その後がなかなか釣れない!

同行してくれた義父&義母、そしてわたしら一家3人(+赤子一人)、ひたすら糸を垂らし、場所を替え、我慢の時間が続きます。。

途中雨に降られたり、食事休憩を取りつつ、4時間以上は釣ってましたかね。

 

して、肝心の釣果は…全部でこんだけ。。

f:id:masakiwasada:20181106120241j:image

お店の方によるとハゼ釣りのシーズンは初夏~秋とわりかし長いのですが、一番いい時期は6~9月とのことです。11月いっぱいでお店も閉まってしまうそう。

今回は一匹釣るのに相当の時間を要しましたが、、シーズンだと入れ食い状態だって…。平気で100匹とか釣れるらしい。。そんだけ釣れたら楽しいだろうな。。

これは来年リベンジするしかなーい!

 

で。お店の方のご好意で、おみやげのハゼをたくさんいただいてしまいました。常連さんは釣るだけ釣って、置いて帰る人も多いそうで。そういったハゼを持ち帰らせてくれるのです。

晩ご飯のおかずをゲットするつもりで出かけていったので、無事ミッションコンプリート!(笑)

 

しかし食べるまでの下処理がちょっと手間。お腹を裂いて内臓出して、頭を取って、塩でぬめりを落とす、と。そして、唐揚げに。

f:id:masakiwasada:20181106120256j:image

多分初めて食べたんですけど、臭みもエグみも全くなくてウマい!少ないけど身はホクホク、骨も丸ごとイケて、コレはいくらでも食べられます。

こんなの、魚屋では買えないっすからね~。釣って楽しい、食べて美味しい、ってコトで、ハゼは素晴らしい!という休日でした。

 

それからお世話になった「マルヤ遊船貸しボート」さん。スタッフの皆さんがとにかく親切でサイコーでした♪

電話で問合せした時から対応がすごく良くて、当日は現地への道案内も的確でていねいだし、釣り方なんかも超初心者の我々や、子供にも優しく教えてくれます。

子連れに優しいって、ホントありがたいんですよね。肩身が狭いことも多いもので…。おかげ様で、息子もとても楽しい時間が過ごせた模様。

 

次回も間違いなくこちらにお世話になります。
引き潮の時はハゼだけでなく、大きなカニや貝を採ることもできるそう!
江戸川放水路でハゼ釣りするなら「マルヤ遊船」に決まり~!(笑)

 

▼マルヤ遊船貸しボート

〒272-0111 千葉県 市川市妙典1-1-13

TEL:047-357-8644

 

■お店のFacebookページ

マルヤ遊船 - 千葉県 市川市 - 釣り具店 | Facebook

■Twitterアカウント

マルヤの母ちゃん 江戸川ハゼ釣り (@Maruya_Yusen) | Twitter